着物のリサイクル

着物をリサイクルしたいけどどうすれば良いのか分からない。リサイクルした着物がどこへ行き着くのかを知りたい。そういった方向けの情報をまとめてご紹介しています。

着物の買取価格の決め方

まずは着物の買取価格についてご紹介します。

着物をリサイクルに出すにしても、まずはどの程度の価格で引き取ってもらえるのか。ここを知っておくと、他所様にリサイクルを任せるのか。それとも自分で仕立て直して活用するのか。こういった判断もしやすくなってきます。

結論から言うと着物の買取価格は「状態」と「格」によって予め決められています。状態は虫食いや汚れがないか。現状のままでも着用に足るのか。手直しが必要であれば、その分の手間賃も加味されて買取価格が決定します。

格については既にご存知の方も多いかもしれませんが、引受の着物リサイクルを検討されている方のためにも、ある程度詳しくご紹介します。

着物の格と高額買取

着物は格という言葉が頻繁に使用されますが、これは「用途」を意味する言葉になります。着物において最も格が高いのは礼装着(喪服や黒留袖)になるのですが、これは「用途上最もしっかりとした品質が求められる」という意味で最上格に設定されています。

参考: 着物の格(きもののさが美HP)

着物のリサイクルのお話をした時に、よく格という言葉が出て「状態・グレード(等級)」といった意味合いに受け取る方も多いのですが、それではありません。

着物の買取においては、まずは格に対する状態で判断し、金額が提示されます。礼装着は格が高く、購入検討者も多い人気の着物です。状態がよい礼装義であればレンタルとして何度も使用する事ができます。これがブランド物であれば50万円以上で買取されるケースがありますし、物によっては100万円以上で取引される事もあります。

うちの着物に限って……という方もいるかもしれませんが、状態が良い礼装着であれば、まずは一度査定に出してみるのが懸命です。特に幾らで購入したのか不明な着物ほど、しっかりしたお店で調べてもらいましょう。

着物のリサイクル依頼で最も多い格

着物のリサイクルで最も多く依頼されている格が「街着」になります。この街着には浴衣も含まれるのですが、買取価格自体は決して高くはありません。理由としては新品の着物がそもそも安いという点にあります。ただしブランド物や人気の柄物に関しては高額で取引されており、物によっては10万円以上で買取される場合もあります。

着物のリサイクルは小物も含まれる

着物は一式揃えて、初めて着付けとして成立します。そのため着物のリサイクルでも着物以外の帯や帯留め、櫛にも需要があります。そして物によっては着物本体よりも高値で買い取ってくれる場合もあります。アンティークとして価値が高い物もありますので、自分では判断し辛いと感じた物は、とりあえずセットで査定に出してみるのがおすすめです。

リサイクルに出した着物の行き着く先

自分が大事にしていた着物が誰の手に渡るのか。ここを気にされている方も多いはずです。愛着のある着物ほど高値で買い取って欲しいし、大事にして欲しい。そう考えている方もいるでしょう。しかし現実として着物をリサイクルに出した場合、まずは仕立て直しがされる事になります。肌が直接触れる胴裏や痛みやすい八掛は新品に交換され、柄に対してサイズそのものが変更される場合もあります。

こうして生まれ変わった着物がリサイクル品として新たに販売されるのです。特に街着として利用される事の多い人気の紬(つむぎ)は安価でリサイクル頻度が高い種類として知られています。自らがリサイクルに出すだけではなく、新しい着物が欲しい場合にもご検討ください。

着物リサイクルに出すなら専門店で

着物の買取は色んなお店が行っていますが、買取専門店に依頼をするのがおすすめです。理由としては場数が一番になります。需要を把握し適切な金額を付けてくれる。ブランドにも詳しい。そして何よりも適切に再利用(リサイクル)をしてくれる。

世の中には安値で買い叩いて着物をばらし、生地だけを活用している買取業者もいます。それが必ずしも悪いという訳ではありませんが、もう一度着物として誰かに活用してもらいたい。そういった意思のある一品はやはりプロにお任せするのが一番です。