着物のリサイクル方法のまとめ

特別な日に着る着物。なかなか着る機会がなく、タンスの肥やしになっていませんか?いらないからと言って捨てるのが勿体ない着物をリサイクルする方法をご紹介します。

サイズ直しをする

昔の着物は寸法が短いことがあるので、現代の人が着ようとすると寸法が合わないことがあります。誰かに譲りたいけどサイズが合わないときには、洋服のお直しを行っているお店に依頼して寸法直しを行いましょう。

着物によっては寸法を変えられないものがあったり、お店によっては和服のサイズ直しに対応していないところもあるので注意が必要です。あらかじめ電話をするなどして確認しましょう。また、洋服のサイズ直しにくらべて着物のサイズ直しには時間がかかることが多いため、余裕をもって依頼しましょう。

専門店に買い取ってもらう

着物のリサイクルする手段として売却する方法がありますが、価値が高い着物なら着物買取専門店に買取を依頼するのがオススメです。着物の買取専門店なら着物の買取に慣れており、着物の価値がわかる人が査定をするため、着物の価値相応の値段で買い取ってくれます。もちろん買取業者によって買取価格に違いがでますので、納得のいく値段にならなかった場合は他の業者にも見積もりを依頼してみましょう。

店舗で買取を行っている業者の他、郵送にて無料査定を行っているところもありますので、良い着物をできるだけ高く売りたいときにはぜひ着物買取専門店に買い取ってもらいましょう。その際に、保存状態のよい着物はそれだけ高く売れますので、形が崩れないようにしっかり保存しておくことが大切です。

リサイクルショップに売る

比較的価格の安い着物や、とても古いものは着物買取専門店で買い取ってくれない場合があります。着物買取専門店での買取を断られた場合には、お近くのリサイクルショップに持ち込んでみましょう。洋服や衣類を扱っているリサイクルショップなら着物を買い取ってくれることもあります。ただし、査定をする店員は着物の素人であることが多く、高額買取は期待できません。

また、業者によって買取価格に大幅な差があることに注意し、複数のお店で見積もりをしてもらい、より高額買取をしてくれるところに買い取ってもらうことをオススメします。店舗に実物を持っていかなくても、写真で見積もりをしてくれるお店もありますのでまずは確認してみましょう。

オークションに出品する

着物自体にそれほど価値はないが、人気の柄であったり、欲しい人が多くいそうな着物はオークションに出品するのがオススメです。オークションなら自宅にいながら手軽に行うことができるのも魅力です。

やり取りに時間がかかるというデメリットもありますが、買い手とメールなどでやりとりをすることができるので、着物を大事にしてくれそうな人を選ぶことができます。珍しい柄の着物やレアなものなら、高額で売却できる可能性もあります。

>オークションについて詳細はコチラ

着物をリメイクする

親から譲り受けた着物や思い出のある着物は、売却せずにリメイクするのが良いでしょう。生地を使って新しく洋服などを作るのはもちろん、クッションカバーティッシュカバー、ソファのカバなどにリメイクすると日常的に使うことができます。ゴールドなど華やかな色の着物はドレスなどにリメイクすると、和のセンスを取り入れたアンティーク調のドレスを作ることができます。

ただし、着物を洋服やドレスにリメイクするには高い技術が必要なので、外注すると料金が高くなるというデメリットがあります。もしも自分でできる範囲でリメイクしたいなら、コースターなどの小物を作るのがオススメです。最近では古布を使ってつくるピアスなどのアクセサリーも人気なので、文芸店で売っているアクセサリーの手作りセットなどを使ってピアスやネックレスなどを作るのもオススメです。柄によってオンリーワンのアクセサリーを作って身につければ、思い出の着物をいつでも身につけているような気分になることができます。

>リメイクについて詳細はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。